TestFlight が 2015/2/26 で完全に Apple の TestFlight に移行した。移行後は iOS 7 デバイスへの配布ができないので、アプリケーションのベータ配布をどうするか考えた結果、Fabric を導入することに。

TestFlight

Index

Fabric とは

Fabricのご案内

Fabricは、3つのモジュラーキットから構成され、安定性を高める、利用者を増やす、収益を得る、 ユーザーの本人確認という、スマートフォンのアプリ開発者が体験するよくある課題に対応するプラットフォームです。Crashlytics(クラッシュリティクス)、MoPub(モーパブ)、Twitterなど、より安定し、世界最大のモバイル広告システムを通して収益をあげ、Twitterのログインシステムとリアルタイムに集まってくる様々なコンテンツのストリームを利用してアプリの配布や本人確認の問題に対応します。また、Fabricは開発者が簡単に利用できることを念頭に作られているので、インストールもシンプルで、どの機能もいくつかのコードを加えるだけで利用できるため、SDKのために余計な手間や時間を書けることなく、開発者がより快適なアプリを提供することに専念できます。

Twitter Japan Blog

導入理由

  • テスターが Fabric アカウントを登録する必要がない
  • 配布までの手順がとにかく親切(後述)

アカウント登録手順

  1. [Get Started with Fabric] ボタンをクリックする。 Get Started with Fabric

  2. 『full name(名前)』と『name@server.com(メールアドレス)』を入力して、『I agree to the Fabric Software and Services Agreement(使用許諾に同意する)』にチェックを入れる。『Send Confirmation(確認を送る)』をクリックして待つ。 Registering E-mail

  3. 入力したメールアドレスに『You're in! Welcome to Fabric.』というメールが届く。[Activate My Account] ボタンをクリックする。 Activate My Account

  4. 『Password(パスワード)』を設定して、『I agree to the Fabric Software and Services Agreement(使用許諾に同意する)』にチェックを入れる。[Sign Up] ボタンをクリックして登録完了。 Sign Up

  5. まずは『Team Name(チーム名)』を設定する。 Team Name

使用方法

Select your IDE

Fabric は以下の4つの IDE 環境で使用可能。

  • Xcode
  • Android Studio
  • IntelliJ
  • Eclipse

詳細な使用方法は別ポストで書くことにする。

Next PostPrevious Post